GOLF4 GTIのパーキングブレーキ調整

2016 / 10 / 3 by VW-Net

ゴルフ4のGTIのサイドブレーキは、リアキャリパーをそのまま操作してブレーキをかけるシステムなので、普通にリアブレーキパッドを交換するときなどには調整する必要があります。
ブレーキパッドを購入頂いたお客様から、その調整方法の説明がどこかに載っていないか尋ねられたものですから、探してみますと、海外のものですが、見つけました。
そのまま簡単に翻訳してみますと

img_0_m

フロントタイヤは接地させておいてリア側だけジャッキアップし、リアコンソールの灰皿とカップホルダーを外します。
すると、サイドブレーキハンドルの後ろからそのまま伸びている長いボルト(赤矢印)と、そのボルトにシャッフルで繋がれたリアキャリパーまでつながるケーブル(黄矢印)が見えます。

フロントタイヤは地面につけたまま、サイドブレーキのハンドルを下げ、ギアをニュートラル位置にした状態でリアタイヤが手で抵抗なく回るかどうか確認します。

img_1_m

パーキングブレーキレバーは4ノッチ引いたところでしっかりブレーキが効いている状態に合わせたいので、調整するときにはその一つ手前の3ノッチ引き上げたところで行います。
その状態で、リアタイヤを手で回してみて、なんとか手で回せるくらいブレーキがかかった状態で、尚且つリリースした時には抵抗なく回るように赤矢印のナットを10mmレンチで調整していってください。

調整後、4ノッチ引いてしっかりブレーキがかかり、一番下まで下げたらフリーに回ることを確認したら、あとはカップホルダーと灰皿を戻して完成です。

電動ファン

2016 / 8 / 28 by VW-Net

AUDIの電動ファンです。

VW/AUDIの電動ファンといえばVEMO製が多く出回っていますが、このメーカーどうなの?とよく訊かれます。

純正品レベルには到達していませんが、ものによっては十分使えるものもあります。
そう、ものによるんです。

電動ファンなどは比較的いいものが多いのですが、一部の製品でロット不良が見つかり、在庫はあるのに本国で出荷規制が掛けられていたり、それを受けて生産終了になってしまった部品もあるようです。
この意味ではメーカー自身が真面目に対応しているので評価できるとは思っています。

生産終了はもちろん、出荷規制になっているものもいつ解除になるのか見通しが付かない状況なので、現在代替品を手配中です。

価格とブランドのバランスで選ぶのは自分の車だと楽しいのですがお客様にご案内をするとなるとなかなか難しく、代替品のテスト結果が出るまでの間は、純正品のみで対応しているところです。

夏季休業のお知らせ

2016 / 8 / 5 by VW-Net

2016年8月11日(木) ~ 8月16日(火)まで、VW-Netは夏季休業とさせていただきます。

なお、休業期間中でも一宮在庫の一部商品でお出しできるものもございますので、お問い合わせは受け付けておりますが、それ以外の商品につきましては8月17日以降のお返事になります。

ご不便をおかけしますが、何卒ご理解いただきますようお願い致します。

金属部品

2016 / 7 / 26 by VW-Net

年を追うごとに室内やエンジンルーム内のプラスチック部品の比率が多くなっていきます。
現在ではオールプラスチック製エンジンの開発も進んでいるくらいです。

金属だった部品をプラスチックに変更することによる一番のメリットは、量産性に優れているため価格が安いことです。
もちろん軽量化による燃費向上などはありますが、それは後付けの効果にすぎないんじゃないでしょうか。
むしろメーカーにとっては、数年でヤレてくる効果(?)のほうが新車買換促進につながるのでラッキーくらいに考えているとしか思えません。

先日入荷した NEWビートル用のドアインナーハンドルです。
ハンドルのところ、プラスチックに金属風メッキのお化粧かと思ったら、金属でした。
確かにメッキの輝きが違います。

こういうのを見て嬉しくなる自分はおかしいのでしょうか?

もっとも、ドアハンドル部分の耐久性はあるのですが、左側のドアロックのスイッチが割れて結局ハンドル部分も含めて全部交換になっちゃうんですけどね。

メーカーからのご注文

2016 / 6 / 22 by VW-Net

さて、これは何でしょう?

ヒント その1
これが決め手となり、Wards Auto の2016のベストインテリア TOP10 に選ばれました。

ヒント その2
新型AUDI TT の内装部品です。

ヒント その3
左右に回して使います。

img_1_m

答は、この画像の中にあるディスプレイスイッチです。

どれだか分かりますか?

4つあるエアコン吹き出し口の中心部分のスイッチです。

img_2_m

これをグルグル回すことで

ブロアーコントロール
温度調整
吹き出し位置
シートヒーター

を調整する事が出来ます。

当然4つとも別々のパーツナンバーが割り振られたそれぞれ別の部品ですが、イグニッションONにしないとイルミネーションが点灯していないので、パーツ単体だと見た目ではどれがとれだか分かりません。

こういうのに限って、箱に貼ってあるパーツナンバーと中身が違ってたりすることが時々あるんですよね。

でも、実はこれ、とあるメーカーの開発部門からご注文頂いたもので、4種類あるみたいなんですが、どれにしますか?とお聞きすると、どれでもいいんだけど、ブロアにしておいて ということで取寄せたものですから、最悪ブロア以外のスイッチだったとしても大丈夫かな(^^;

ところで、検品のとき少しスイッチを回してみたのですが、質感はお世辞にも高級と言えるレベルの物ではなく安物のゲームコントローラーのつまみみたいでした。

自動車がどんどん家電化していると思っていましたが、今後はさらに進んで玩具化していくのかもしれません。